ゆっくりと目を開く。プラットホームを覆う屋根の上にある、広く高い空を感じる。澄んだ空には、そろそろ星が瞬き始める頃。この前眺めたのはいつだっけ、と考えても思い出せないようなら、あなたは星空欠乏症。もちろん、今作った言葉だけど。いずれにせよ、街での持ち時間は、そろそろ終わり。まずは、家に帰ろう。そうして朝が来たら、行くべきところを目指して出かけよう。