雑踏の中、目を閉じ、耳を澄まして、最初に飛び込んでくるものは、あなたが今、いちばん聞きたいもの。行き交う人の靴音が波のさざめきに聞こえたら、週末は海へ行こう。誰かの楽しげな笑い声が響いたなら、久しぶりの、あの笑顔に会いに行こう。何にせよ、誰からにせよ、大きく、温かなものに呼ばれている、そんなふうに感じたなら、心の靴紐を結び直すべき時が来ているということ。